U-NEXT for BIGLOBE

衝撃の結末が待ち受ける、予測不能のサスペンスエンターテイメント!「去年の冬、きみと別れ」配信中! 衝撃の結末が待ち受ける、予測不能のサスペンスエンターテイメント!「去年の冬、きみと別れ」配信中!

31日間無料でお試し BIGLOBEなら初回お申し込みでポイント2,000円分がついてくる
※ 初回申込のみ適用

何度も訪れる
大どんでん返しに驚愕!

photo

中村文則のベストセラー小説を映画化した話題作が配信開始。原作は文章でミスリードを誘う、いわゆる叙述トリックが用いられており映像化は難しいと言われていた。そのため、本作では大筋は忠実に再現しながらも、構成や設定を大胆にアレンジ。原作を読んだ人は、その巧みさに驚くだろう。

ストーリーは、新人記者・耶雲が、殺人事件の容疑者であるカメラマン・木原坂を追ったルポを雑誌社に持ち込むところから始まる。取材を続けるうち、耶雲の周囲にも危険が迫ってくるのだが…。観る者の予想は何度も裏切られ、ラストには驚愕の結末が待ち受けている。初見で全ての伏線に気付くのは難しいので、ラストの興奮が収まらないうちにもう一度見返してほしい。計算されつくした構成に改めて舌を巻くに違いない。

夏の熱気を感じさせながらも、ぞっとするほど美しい画面は、登場人物の狂気を映し出しているかのよう。また、耶雲を演じる岩田剛典と、木原坂を演じる斎藤工による掛けあいは、思わず手に汗握るほどスリリング。特に、後半に向かって豹変していく岩田の熱演から目が離せない。シナリオとキャスト、そして画面作りが奇跡のバランスで成り立った、上質のサスペンスエンターテイメントだ。

31日間無料でお試し BIGLOBEなら初回お申し込みでポイント2,000円分がついてくる
※ 初回申込のみ適用

初めから終わりまで、全てが観客を騙すための「罠」!
この罠にとらわれず観終わることはできるのか?

photo

若き記者・耶雲が仕事にのめり込む理由は?

取材対象のカメラマン・木原坂に尋常ではない執着を見せる耶雲。それは記者という職業柄によるものだけなのか…?山本美月演じる婚約者・百合子はそんな耶雲に対し、寂しさを隠せなくなっていく。

photo

第2章から始まる物語の真意は?

意味ありげなオープニングの後、物語は第2章からスタートする。第1章はいつ語られるのか?

photo

謎多き写真家の本性とは?

感性のままに振る舞い耶雲を翻弄する木原坂は、いかにも芸術家らしいが不気味さも漂わせる。彼がこうなった理由は?

photo

モデル焼死は事故か殺人か??

木原坂がかつて起こしたモデルの焼死事件。不起訴にはなったが疑問が残る。また、モデルと木原坂の関係も気になるところ。

photo

怪しい動きを見せる人々の目的は?

耶雲の担当をする編集者・小林も、木原坂とは因縁があるようだ。

photo

タイトルが表す意味は?

最後に明らかになるタイトルの意味には、驚きながらも納得させられる!

31日間無料でお試し BIGLOBEなら初回お申し込みでポイント2,000円分がついてくる
※ 初回申込のみ適用

手に汗握る緊張感と、あっと驚く結末!
騙されたいならこちらもオススメ!

22年目の告白-私が殺人犯です-(2017)

22年目の告白-私が殺人犯です-
(2017)

迷宮入りとなった連続殺人事件。だが22年後に突如、真犯人という男が名乗りを上げる。メディアを利用して派手なパフォーマンスを繰り広げる男の目的は一体!?

白ゆき姫殺人事件(2014)

白ゆき姫殺人事件
(2014)

美人OL殺人事件をめぐって加熱する報道とネットの噂。虚実入り乱れる内容に人々は踊らされる。真相には驚きながらも、現代社会の抱える問題が浮き彫りに。

アヒルと鴨のコインロッカー(2007)

アヒルと鴨のコインロッカー
(2007)

奇妙な強盗計画の裏には、悲しい物語が隠されていた…。ラストは驚きとともに切ない気持ちでいっぱいに。青春群像劇とミステリー要素がうまく絡みあった作品。

31日間無料 でお試し
※ 初回申込のみ適用

日本最大級の動画サービス

今すぐ見たい !にこたえます。
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん!

動画見放題8万本以上
動画レンタル(ポイント作品)4万本以上
書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上
雑誌読み放題70誌以上


⇒ 詳しくはこちら

※ デバイスによって視聴できるコンテンツが異なる場合があります

マルチデバイス対応

家族で安心して使える

電子書籍も見れる



※ 初回申込のみ適用

©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会 ©2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会 © 2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 © 湊かなえ/集英社 ©2006「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会

※掲載の情報は2018年7月時点のものです。作品内容、視聴期間、販売価格などは、予告なく変更される場合があります。