U-NEXT for BIGLOBE

石田衣良原作による衝撃の舞台劇を、演出した三浦大輔自身が映画にリメイク「娼年」配信中! 石田衣良原作による衝撃の舞台劇を、演出した三浦大輔自身が映画にリメイク「娼年」配信中!

31日間無料でお試し BIGLOBEなら初回お申し込みでポイント2,000円分がついてくる
※ 初回申込のみ適用

全てをさらけ出す
松坂桃李、圧巻の俳優魂

photo

戦隊ヒーロー出身でもあり、実直で誠実な青年のイメージが強い松坂桃李が、18禁映画の主役に!?そのインパクトだけでも相当なものがある『娼年』は、石田衣良の同名小説が原作。松坂が演じるのは、女性専用の風俗店(会員制ボーイズクラブ)で働く”娼夫“の領。当然ながら、領とさまざまな女性たちとのベッドシーンが大半を占めているが、松坂が従来のイメージをかなぐり捨てた圧巻の演技を披露。レイティング(R18+)の関係でPR活動に制限があるにも関わらず、女性客を中心に興収4億円を見込むスマッシュヒットを記録した。なお、客席がサイリウム、鳴り物、声援でベッドシーンを盛り上げる、異例すぎる”応援上映“の大盛況もユニークな話題に!

photo

松坂がこの作品、役を演じたのは実は初めてではない。本作は監督・脚本の三浦大輔が、2016年夏に自身の演出で上演した舞台を映画化したもの。それも、演劇界では超異例の”R15“として上演された。映画化にあたりキャストを一新したが、他の俳優が演じる想像がつかないほどに領を確立した松坂は、映画版でも続投している。

想像以上にエロいのは間違いないが、過激さと裏腹に、不思議なおかしみと爽快感が残る独特の後味。臆せず、感じてみてほしい!

31日間無料でお試し BIGLOBEなら初回お申し込みでポイント2,000円分がついてくる
※ 初回申込のみ適用
娼夫 森中領(松坂桃李)

娼夫森中領(松坂桃李)

東京の名門大学生。バーでバーテンのバイトをしているところをスカウトされ、“娼夫”として働き始める。最初は全体的に無気力で、「女なんてつまんないよ」などと発言していた。

オーナー御堂静香(真飛聖)

オーナー御堂静香(真飛聖)

ホストの同伴客として領のバイト先に現れ、自ら経営する会員制ボーイズクラブに領を招く。次第に領から想いを寄せられるが、複雑な過去を秘めている。

謎の女性咲良(冨手麻妙)

謎の女性咲良(冨手麻妙)

生まれつき耳が聞こえない。娼夫としての入店試験のために初対面の領とセックスし、彼を気に入る。静香との間に浅からぬ縁がある。

photo

領を“買う”ワケアリな女たち

CASE.1 ヒロミの場合

娼夫 森中領(松坂桃李)

領の最初の客。実生活ではれっきとしたパートナーがいるらしい、セレブ風の常連客。“焦らし”のテクニックに長けている。

CASE.2 イツキの場合

オーナー御堂静香(真飛聖)

読書が趣味の知的なキャリアウーマン。幼少時の性の目覚めに関連して、ある突飛な条件のもとでしか快感を得られない。

CASE.3 主婦の場合

謎の女性咲良(冨手麻妙)

平凡な主婦。出産以降、夫に求められなくなってしまった寂しさを埋めるべく、領との束の間の激しいセックスに溺れる。

CASE.4 紀子とその夫の場合

謎の女性咲良(冨手麻妙)

親子以上に年の離れた、体の不自由な夫とともに領を指名。愛妻と領の倒錯気味のセックスを生で目撃し、夫は絶頂に達する。

CASE.5 老女の場合

謎の女性咲良(冨手麻妙)

和服の似合う上品な女性。手を握られるだけでエクスタシーを感じることができる。演じる江波杏子は舞台版にも同役で出演。

CASE.6 恵の場合

謎の女性咲良(冨手麻妙)

領と同じゼミの女子大生。サバサバした女友達を装いつつ、彼に想いを寄せている。娼夫という仕事への嫌悪感をあらわにするが…。

演劇と映画を股にかける鬼才、
三浦大輔の配信中作品をチェック

監督・脚本の三浦大輔は、演劇界出身。劇団「ポツドール」を主宰し、ライブ表現である舞台において、性や暴力を容赦なく生々しく描ききる作風で知られる。映像に進出しても、その攻めの作風は変わらない。『娼年』のように、上演した舞台を映画にすることが多く、ほかに『恋の渦』(脚本のみ)、『愛の渦』、『裏切りの街』もそれにあたる。

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009)

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009)

三浦の商業映画デビュー作で、原作は花沢健吾の同名漫画。うだつの上がらない不器用なサラリーマンが、憧れの同僚と束の間、イイ関係になるが…。主演は峯田和伸。

愛の渦(2014)

愛の渦(2014)R15+

“演劇界の芥川賞”岸田國士戯曲賞を受賞した代表作を自ら映画化。男女10名が乱交パーティ目的で裏風俗店に集う。本編123分の内、着衣のシーンが18分30秒しかないことでも話題に。

何者(2016)

何者(2016)

朝井リョウの直木賞受賞作を映画化。脚本も三浦が手掛けている。就職活動をきっかけに、仲間内の妬み、本音があらわに。佐藤健、有村架純、二階堂ふみら若手俳優たちが集結。

31日間無料 でお試し
※ 初回申込のみ適用

日本最大級の動画サービス

今すぐ見たい !にこたえます。
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん!

動画見放題8万本以上
動画レンタル(ポイント作品)5万本以上
書籍・漫画・ラノベ合計32万冊以上
雑誌読み放題70誌以上


⇒ 詳しくはこちら

※ デバイスによって視聴できるコンテンツが異なる場合があります

マルチデバイス対応

家族で安心して使える

電子書籍も見れる



※ 初回申込のみ適用

© 石田衣良/集英社  2017映画『娼年』製作委員会 © 2010花沢健吾/「ボーイズ・オン・ザ・ラン」製作委員会 ©2014「映画 愛の渦」製作委員会 ©2016映画「何者」製作委員会

※掲載の情報は2018年9月時点のものです。作品内容、視聴期間、販売価格などは、予告なく変更される場合があります。